旦那の浮気・慰謝料を請求できない?

旦那の浮気・慰謝料を請求できない場合について

パートナーの不貞が確実のものとなったら離婚、裁判という流れになります。しかし、知っておきたいのが相手の浮気が確実のものになるイコール慰謝料が発生する、というわけではないということです。

 

なかには慰謝料請求が認められない場合もあります。

 

理由として一番多いのが権利の侵害が認められない場合です。浮気などの不貞における権利の侵害とは、夫婦間の平穏、円満な生活を不貞によって侵害されるということを指します。つまり、不貞云々以前から別居している場合や夫婦間の関係が事実上機能していない場合は権利の侵害を認められない場合があるのです。

 

もちろん離婚成立後に裁判を起こしてもこの権利の限りではないので不貞に対する慰謝料請求は認められません。その場合は精神的苦痛、損害賠償という形になります。

 

また、不貞行為には時効があるとも言われています。三年以上過去の不貞を理由に裁判をしても慰謝料請求は認められません。また、不貞の相手と現状で関係が続いているか否かでも慰謝料の度合いが変わってきます。そういったことも頭において置くようにしましょう。 

 

 

 

 

旦那の裏切りが許せない

浮気調査の無料相談!

信頼できる複数の探偵社を紹介しています。

 

浮気調査 相談