不倫、不貞行為、浮気の違い

不倫、不貞行為、浮気の違い

不倫、不貞行為、浮気は、それぞれどう違うのでしょう。

 

浮気というのは、男女間の愛情が浮ついて変わりやすい様を示していて、他の異性に心を移すことを指して言います。

 

不倫は、道徳に外れた行為を指し、男女関係で人の道に背くことにあります。
不倫と浮気は、定義が曖昧で、同じような意味に捉えられることがよくあります。不倫と浮気は、特定のパートナーがいるにも関わらず、パートナー以外と肉体関係も含む交際をすることにあるので、同義語に扱われる傾向にあります。ただ、浮気の方が、範囲は広く、単なる遊びで肉体関係が無くても浮気になります。

 

一方、不倫は、明らかに肉体関係のある関係で、その辺は広い意味合いのある浮気とは違います。
不貞行為は法律上の不倫であり、不倫が置き換えられた言葉になります。法律では、不倫を不貞という言葉として使います。不貞行為というのは、配偶者以外の異性と性的関係を持つことです。不倫、不貞行為、浮気の違いは、非常に微妙なものです。

 

いずれも男女間で特定のパートナーがありながら、他の人と関係を持つ、という意味では違いはありません。 

 

 

 

旦那の裏切りが許せない

浮気調査の無料相談!

信頼できる複数の探偵社を紹介しています。

 

浮気調査 相談