調停離婚を視野に入れて浮気調査するには

調停離婚を視野に入れて浮気調査するには

調停離婚を視野に入れて浮気調査するには、信頼できる探偵事務所や興信所に依頼するのが一番です。

 

浮気の証拠さえあれば、離婚協議を有利に進めることができます。二人の間の協議で離婚することができない場合、離婚調停を申し立てることで慰謝料を要求できます。

 

ただ、離婚調停を申し立てる場合、相手の浮気の証拠を提示しないと、配偶者から慰謝料を請求することはできません。つまり大事なのは、浮気の証拠になります。慰謝料をしっかり勝ち取るには、不貞の事実を明確にしなければなりません。浮気の証拠をしっかり提出することで、慰謝料請求に関して有利な立場に立つことができるのです。

 

浮気の証拠は、個人でも調査できますが、離婚調停に認められるような確実な証拠は、中々掴むことはできません。そのため、調停離婚を視野に入れて浮気調査するなら、プロの探偵や興信所に相談する必要があります。見積もりは無料で完全秘密厳守なので、安心して利用できます。大手の信頼できる興信所や探偵社であれば、法律の専門家を起用しているので、調査後も希望に沿って最後までしっかりサポートしてくれるでしょう。 

 

 

 

旦那の裏切りが許せない

浮気調査の無料相談!

信頼できる複数の探偵社を紹介しています。

 

浮気調査 相談