離婚裁判でも使える浮気の証拠とは

離婚裁判でも使える浮気の証拠とは

離婚裁判でも使える浮気の証拠とは、かなり確実なものでなければなりません。

 

夫と浮気相手がラブホテルに入る写真が必要で、しかもそれが2日分以上必要になります。確実に性交渉をしたという動かぬ証拠が、離婚裁判では必要で、それがないと浮気相手に慰謝料を請求することはできません。

 

性交渉の事実は、ラブホテルなどに入った所の写真がないと証明できません。もう少し具体的に言うと、たとえば、ターゲットが家を出る所から、不倫相手の家の近くのコンビニで待ち合わせをし、一緒に車に乗ってラブホテルに入っていくなど、時系列に沿った写真が必要です。

 

分かりやすく状況を示すことが大事で、DVDなどにまとめておくと、離婚裁判で使える有力な浮気の証拠になります。よくあるのが、浮気相手を問い詰めて白状させた時の会話を録音したものを証拠として提出する人がいますが、こうしたものは証拠能力としては弱いです。

 

この場合、恐怖を感じたから嘘を言った、と相手に主張される可能性が高くなります。 浮気相手が誰かを特定することが大事なので、浮気相手とラブホテルへ入る写真を集める必要があるのです。 

 

 

 

旦那の裏切りが許せない

浮気調査の無料相談!

信頼できる複数の探偵社を紹介しています。

 

浮気調査 相談