異性と体の関係を持つ行為

異性と体の関係をもつ行為

浮気と不倫の違い
浮気と不倫の違いはどこにあるのでしょう。これは一見するとわかりにくいものです。浮気も不倫も同じような意味合いがあるので、混同して使うことがよくあります。

 

一般的に浮気というのは、本命の恋人と交際関係を持ちながらも、本命の恋人に無断で他の異性とも交際する行為をさします。一方、不倫というのは、配偶者がいながら配偶者以外の異性と体の関係をもつ行為を指します。

 

不倫と浮気の違いは、結婚が1つのキーワードになりそうです。互いが結婚しているもの同士でれば、ダブル不倫とよく言います。ただ、浮気の定義づけが難しいのでやっかいです。不倫は、配偶者以外の異性と体の関係を持つので定義しやすいのですが、浮気の場合、明確な定義がありません。浮気は、それぞれが持つ感覚次第ということになります。

 

どこまでが浮気というのは、人によって境界線が違い、範囲が広いです。そう言う意味では、浮気の中に不倫が含まれているとも考えられます。浮気と不倫の違いは、結婚しているか否かが前提になりますが、どちらかが結婚している場合の浮気で、肉体関係があれば不倫になります。妻や夫が他の異性と食事したり、キスをした程度の場合、不倫にはならず、単なる浮気と判断することになります。

 

 

 

旦那の裏切りが許せない

浮気調査の無料相談!

信頼できる複数の探偵社を紹介しています。

 

浮気調査 相談